壁紙の見本帳1

ここからは、私がよく使用するメーカーの壁紙の見本帳についてご紹介していきたいと思います。

●サンゲツ

カーテン、壁紙などを扱う、国内最大の総合インテリアメーカー。知らない人はほとんどいないと思います。

https://www.sangetsu.co.jp/digital_book/wall.html

個人的にはサンゲツと言ったら「花柄」というイメージで、かわいらしいものからモダン、和風のものまで、テイストの違う柄が豊富です。

 

<リザーブ>

住宅向けの壁紙のスタンダードとなる見本帳。

 

 

 

 

 

<ファイン>

住宅だけでなく、店舗や施設でも使いやすい柄を集めた見本帳。

 

 

 

 

 

<リフォームセレクション>

下地に凸凹があっても、きれいに仕上がる柄をセレクトした見本帳。

 

 

 

 

 

<エクセレクト>

和紙や織物や特殊加工素材、輸入クロスなどの高級壁紙コレクション。施工方法が特殊だったり、受注生産で納期が通常よりかかったりと、使用する場合はメーカーに確認をしなければなりません。

 

 

 

 

<SP>

ロングセラーの柄を集めた、汎用クロスの見本帳。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

壁紙の見本帳2