リビング・ダイニングの壁紙の選び方

家の中で一番過ごす時間が長く、占める面積も大きいリビング・ダイニングは、その家の印象を決める大事な空間です。

そのリビング・ダイニングの壁紙を決める考え方を紹介していきます。

1.リビング・ダイニングの壁紙の基本は白系

2.部屋の印象を大きく変えるアクセントクロス

3.イメージ別 リビング・ダイニングにお勧めの壁紙

3.1 ナチュラル

3.2 シック

 

リビング・ダイニングの壁紙の基本は白系

リビング・ダイニングにはソファやテーブル、椅子など様々な物が置かれるので、その背景となる壁紙の基本は白です。

偏に白と言っても、ピンク系、ブルー系、イエロー系と様々な色味、柄も織物柄、石目柄、塗り壁柄など様々です。

南欧風の塗り壁調にするならば、色味を感じさせない真っ白なものを選ぶこともありますが、真っ白は冷たい無機質な印象にもなるので、できれば色味が入っていた方が、落ち着いた印象になりお勧めです。

最近は色や柄物などを選ぶことも多くなりました。

壁紙:FE-1108(サンゲツ)

 

部屋の印象を大きく変えるアクセントクロス

アクセントクロスとは、一面だけ違う壁紙を貼る手法です。

他の3面との対比を楽しむため、印象的な色、柄を選ぶのがコツです。

部屋の印象はアクセントクロスで大きく決まりますので、部屋のイメージにあったものを選びましょう。

壁紙:RE-7474(サンゲツ)

 

イメージ別 リビング・ダイニングにお勧めの壁紙

リビング・ダイニングの主役はソファだったり、ダイニングテーブルなので、これらを引き立てる、もしくは調和する壁紙を選ぶのがコツです。

なので、壁紙や内装材を決める際は、まずリビング・ダイニングのインテリアイメージを決めましょう。

 

ナチュラル

ナチュラルのイメージは、文字通り『自然な』です。

グリーンを基調とした植物柄、木や土をイメージした温もりを感じさせるアースカラーを使うと、ナチュラルのイメージになります。

 

 

リビング・ダイニングに使えるナチュラルイメージの壁紙を集めてみました。

左上より時計周りにFE6401、FE6132、FE6229、RE-7874、FE6232、FE6128、RE-7931、RE-7525 中央はRE-7943 いずれもサンゲツ

 

シック

シックのイメージは渋い、洗練された、大人っぽいです。

中~低明度のやや色味を感じさる無彩色でまとめるとシックなイメージになります。

アクセントに強調しすぎない有彩色を使います。

 

リビングダイニングに使えるシックなイメージの壁紙を集めてみました。

左上より時計回りにRE-8022、FE6457、RE-7884、RE-7481、RE-7536、FE6060、RE-7321、FE6424、中央はRE-7326いずれもサンゲツ

 

参考)色の持つイメージでインテリアカラーを決める方法

 

毎週水曜日の午前中に相談室を開いています。

詳しくはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

壁紙を選ぶときのコツ

次の記事

寝室の壁紙の選び方