色の持つイメージでインテリアカラーを決める方法

色の組み合わせを好みや感覚で決めるのではなく、配色のイメージを論理的に作り出し、色の持つイメージでコンセプトやメッセージを伝えることができます。

PCCSの色相やトーンの持つ傾向やイメージを使って、インテリアのカラーコーディネート例を紹介していこうと思います。

PCCSについてはこちらを参照してください。

「色彩の基本① 色の三属性とPCCS」

 

ナチュラルなイメージ

ナチュラルのイメージは文字通り「自然な」ですが、植物から連想する若々しい、新鮮な、さわやかなイメージと土や木などから連想する穏やかな、素朴な、温もりのある、などの2通りのイメージがあります。

ここでは、前者を「フレッシュナチュラル」、後者を「ウォームナチュラル」として2通りのイメージでインテリアのカラーコーディネートをしてみます。

 

『フレッシュナチュラル』はさわやかなグリーンのイメージで

「フレッシュナチュラル」のイメージは若々しい、新鮮な、さわやかな、です。

色相はグリーン系を中心にイエローグリーン系(9:gY)からブルーグリーン系(16:gB)です。

トーンはブライト(b)、ライト(lt)、ペール(p)を主体にホワイト系を組み合わせます。

 

ベースカラーとなるフローリングには、色味を抑えた明るいメイプルを選び、建具や巾木も床材に合わせた色を選びます。

壁紙はホワイト系をベースに、薄いグリーン系の植物柄をアクセントクロスとすると清涼感が出て、よりさわやかであか抜けた印象となります。

カーテンもアクセントクロスと色を合わせるか、ホワイト系を選び、カーテンはカーテンレールの見えない正面付けとするとすっきりとした印象となります。

 

 

『ウォームナチュラル』はアースカラーでまとめる

「ウォームナチュラル」のイメージは、穏やかな、素朴な、温もりのある、です。

色相はオレンジ系(4:rO)からグリーン系(12:G)の範囲でまとめます。

トーンは穏やかな印象のペール(p)、ソフト(sf)、ライトグレイッシュ(ltg)、ダル(d)、ディープ(dp)、ダーク(dk)を使います。

 

ベースカラーとなるフローリングはフレッシュナチュラルよりも色味のあるバーチやオーク、ウォールナットを選びます。木目の美しいものを選ぶと

自然素材感がより出ます。

巾木、建具共にフローリングと色、柄を合わせます。

壁紙とカーテンはアースカラーを基本に選び、全体的に中~低彩度のベージュ系や茶系でまとめ強調色は使わないことで、やさしいイメージが出ます。

全体的にぼやけた印象となるときは、壁紙にアクセントクロスを使用するとメリハリがつきます。

カーテンレールは正面付けでレールを見せないか、木製のシンプルなデザインの装飾レールを使ってもいいと思います。

 

 

 

 

シックなイメージ

「シック」のイメージは渋い、洗練された、大人っぽい、です。

インパクトの強い色は含まず、やや色味を感じさせる無彩色系の色を組み合わせます。

中~低明度の無彩色やグレイッシュトーン(g、dk、dkg)をベースに、アクセントに有彩色を使います。

 

ベースとなるフローリングは茶色が強いとクラシックなイメージになるので、できるだけ色味の感じないカラーフローリングを選びます。

明度の低いものは重厚感があり落ち着いたイメージ、明度の高いものはシャビーシックなイメージになります。

巾木は床に合わせるかホワイト系で、高さのあるものを選ぶと高級感が出ます。

廻り縁はホワイト系か、使わずに目透かしにすると洗練された印象になります。

全体的に無彩色でまとめ、アクセントクロスかカーテンに有彩色を使ってメリハリを出します。

カーテンレールは天井を折り上げるかカーテンボックスにするとすっきりとして良いでしょう。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です