Q.設計事務所の役割は?

A.お施主さんの要望を元にプランを作り、設計図書を作成するほか、お施主さんと工事施工業者の間に入って予算の調整や、工事中に工事が設計通りに行われているか確認をするのも(設計監理)仕事です。

 

Q.設計事務所とリフォーム会社・工務店の違いは?

A.設計事務所は設計とそれに付随する業務を行うところで、工事は行いません。なので、プランを元に各工事施工業者から見積りを取り、適切な業者を選びます。

一方、工務店は工事をするところ(工事施工業者)で、設計は行いません(ただし、建築士を抱えている工務店もあるので、そういったところは設計も一緒に請負ってくれます)。

リフォーム会社は設計と工事を一つの会社で行うところです。規模が小さい工事の場合、営業が設計から工事の監督までをこなし、建築士の資格がない営業が担当することもあります。

 

Q.設計料はどのくらいかかるの?

A.設計の報酬は、建築士法および建設省の告示で算定方法が定められており、概ね工事費の10%が目安となります。

工務店やリフォーム会社の見積りには設計料がとても安く見積もられていたりしますが、これは設計料がサービスとなっているのではなく、工事費や経費の中に織り込まれており、表に見えてないだけです。

 

Q.設計事務所に依頼するメリットは?

A.設計事務所は建築士の資格を有する建築の専門家です。法の順守はもちろん提案力、デザイン力に優れ、お施主様の要望を第一に自由なプランが可能です。ハウスメーカーのような標準品はないので、設備や内装材もひとつづつ決めていくので、ご自分らしいリフォームが可能です。ただし、自由な分決めることが多く、設計には時間もお施主さんの労力も必要となるので、急いで工事したい方、ご自分で決められない方には向いていません。

そして、お施主さんと工事施工業者の間に設計事務所が入ることによって、正しい工事監理が可能となります。工事監理と施工業者が同じ会社の場合、どうしても慣れが出て、チェックが甘くなりがちです。

リフォーム工事のトラブルの多くは、いい加減な設計と工事監理のチェックが適切に行われなかったことに寄るものです。設計事務所に依頼するということは、設計、デザインに優れているだけでなく、これらのトラブル回避という点も大きなメリットとなります。